• 印刷する

テスコの国内事業トップ、業績不振で辞任

スーパー英最大手のテスコは15日、国内事業を率いるリチャード・ブラッシャー最高経営責任者(CEO)が辞任すると発表した。市場シェア低下など業績不振の責任をとるもので、就任後わずか1年での退陣となる。当面はグループ全体のCEOであるフィリップ・クラーク氏が兼務する。

同社は1月、国内でのクリスマス商戦の不振により通期の利益が当初予想を下回るとの見通しを発表。ブラッシャー氏が昨年秋に打ち出した大幅値下げキャンペーンも業績を引き上げることはできず、2月の市場シェアも29.7%と1年前の30.3%から縮小している。

テスコは国内事業の立て直しに向け既存店の刷新を計画しており、4月に詳細を発表する予定。14日付フィナンシャルタイムズによると、店舗刷新に振り向ける投資額は向こう2年間で約8億ポンドに上るとみられている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

英下院、内閣不信任案を否決 メイ首相は他党に協議呼び掛け(01/17)

蘭裁判所「デリバルー配達員は被用者」(01/17)

イネオス、アントワープで30億ユーロ投資(01/17)

インフレ率、12月は2.1%に減速(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

パブ運営グリーン・キング、新CEOを指名(01/17)

生産者物価、12月は2.5%上昇(01/17)

ブロックチェーン取引VAKT、トタルなど参加(01/17)

消費財レキット、カプールCEOが退任へ(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン