テスコの国内事業トップ、業績不振で辞任

スーパー英最大手のテスコは15日、国内事業を率いるリチャード・ブラッシャー最高経営責任者(CEO)が辞任すると発表した。市場シェア低下など業績不振の責任をとるもので、就任後わずか1年での退陣となる。当面はグループ全体のCEOであるフィリップ・クラーク氏が兼務する。

同社は1月、国内でのクリスマス商戦の不振により通期の利益が当初予想を下回るとの見通しを発表。ブラッシャー氏が昨年秋に打ち出した大幅値下げキャンペーンも業績を引き上げることはできず、2月の市場シェアも29.7%と1年前の30.3%から縮小している。

テスコは国内事業の立て直しに向け既存店の刷新を計画しており、4月に詳細を発表する予定。14日付フィナンシャルタイムズによると、店舗刷新に振り向ける投資額は向こう2年間で約8億ポンドに上るとみられている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

英下院、EU離脱後の関税法案を僅差で可決(07/18)

仏競争委、小売業者の調達提携巡り調査(07/18)

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

失業率、5月は4カ月連続で横ばい(07/18)

アークレイ、露工場で尿検査装置の生産開始(07/18)

JX金属、ロンドンに新拠点を設立(07/18)

欧州新車登録、5.2%増加 6月として過去最高を記録(07/18)

小売りM&S、店舗管理者ら計351人整理(07/18)

ユニリーバの印事業、第1四半期は19%増益(07/18)

FRC、コーポレートガバナンス規約を改定(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン