GSユアサ、マクラーレンにリチウム電池提供

GSユアサは16日、自動車レースのフォーミュラ・ワン(F1)のボーダフォン・マクラーレン・メルセデスチーム(マクラーレン)向けに、車載用リチウムイオンバッテリー(LIB)を開発・供給すると発表した。

技術詳細は明らかにされていない。ユアサのLIBはこれまで日本製ロケット「H―2A」をはじめ、人工衛星「こうのとり」、米ボーイングの旅客機「787」など、特殊な環境下で使用されているという。

ユアサは1992年、マクラーレンとF1マシン用バッテリーのオフィシャルサプライヤーとして契約を締結。以後20年にわたって供給を続けている。[日本企業の動向]


関連国・地域: 英国アジア米国
関連業種: 自動車・二輪車製造一般運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

自動車保険、EU離脱後の手続き煩雑化回避(05/18)

露格付けACRA、スロバキアのERA買収(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

送電ナショナル・グリッド、通期は6%減益(05/18)

ロイヤル・メール、通期は1%増益(05/18)

ペルガス、イランと油田開発で合意(05/18)

英豪リオの無人貨物鉄道、所要時間20%短縮(05/18)

ジャガー、インドネで新モデルを公開(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン