GSユアサ、マクラーレンにリチウム電池提供

GSユアサは16日、自動車レースのフォーミュラ・ワン(F1)のボーダフォン・マクラーレン・メルセデスチーム(マクラーレン)向けに、車載用リチウムイオンバッテリー(LIB)を開発・供給すると発表した。

技術詳細は明らかにされていない。ユアサのLIBはこれまで日本製ロケット「H―2A」をはじめ、人工衛星「こうのとり」、米ボーイングの旅客機「787」など、特殊な環境下で使用されているという。

ユアサは1992年、マクラーレンとF1マシン用バッテリーのオフィシャルサプライヤーとして契約を締結。以後20年にわたって供給を続けている。[日本企業の動向]


関連国・地域: 英国アジア米国
関連業種: 自動車・二輪車製造一般運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トルコ、非常事態宣言を18日に終了へ(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

スイスのABB、産業用ロボットの販売強化(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

スコットランドに英国初の宇宙船基地建設(07/17)

携帯電話メガフォン、ロンドン上場を廃止へ(07/17)

家電モーフィーリチャーズ、韓国に進出(07/17)

英国の移民純増数、昨年は28万人に増加(07/17)

トランプ米大統領が訪英 メイ首相、FTA締結に向け合意(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン