金融当局、資金洗浄対策でクーツに罰金

金融サービス機構(FSA)は26日、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)傘下でプライベートバンキングを手掛けるクーツ(Coutts)に875万ポンドの罰金を科したと明らかにした。金融犯罪などに絡む資金洗浄への対策を怠ったため。

FSAが2010年10月に着手した調査により、クーツは見込み客の口座開設に際して資金源を確認していなかったほか、既存客についても個人情報を確かめず定期的な監視も怠っていたことが判明した。こうした欠陥はリスクの高い顧客の4分の3近くに上ったという。FSAは「クーツの不手際は重大で広範にわたり、容認できないもの」と指摘している。

クーツは英王室をはじめ著名人など富裕層を顧客に抱える。今回の決定に対してRBSのウェルス部門のトップは、「FSAが最初に懸念を表明して以来、再発を防ぐため数々の改善を行っている」として、既に資金洗浄の対策を強化したことを強調している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

スイスの時計輸出、1月は12.6%拡大(02/21)

英国、大幅な規制緩和を否定 離脱後巡るEUの懸念を打ち消し(02/21)

金融HSBC、通期は2.5倍弱に増益(02/21)

ホテルのインターコンチ、通期は7%増益(02/21)

テスラの「モデルS」、欧州販売で独勢超え(02/21)

イケア、英顧客にグリーン電力への変更促す(02/21)

衣料品アルカディア、中国社が買収を計画(02/21)

電子商取引ハウテ、マレーシア社が出資(02/21)

デリバルー、中国進出に消極的(02/21)

KFC、在庫不足で英店舗の5割が一時休業(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン