監督当局、ロイヤル・メールの料金設定を自由化

メディア・通信業界の監督機関Ofcomは27日、郵便大手ロイヤル・メールに対して郵便・小包料金を自由に設定する権限を与える決定を下した。これにより4月30日から速達に当たるファーストクラスは現行の46ペンスが60ペンスに、セカンドクラスは36ペンスが50ペンスにそれぞれ引き上げられる予定だ。

Ofcomは、テキストメッセージや電子メールの普及で郵便の取扱量が減少しており、料金規制を緩和しなければ全国一律の郵便サービスは難しくなると説明。ファーストクラスのほかビジネスメールなど大部分のサービスで料金を自由化するが、消費者や小規模な企業に配慮して、セカンドクラスについては向こう7年間の上限を55ペンスとし、この上限をインフレ率に連動させることを決めた。また重さ2キロ以下の小型小包と大型郵便にも上限を設ける予定で、4月にこの上限額を検討する。

ロイヤル・メールは昨年、約160億通の郵便を取り扱った。これは2006年に比べると25%減少しており、取扱量は今後も減ることが見込まれる。同社は2011年3月期に、郵便事業で1億2,000万ポンドの赤字を計上している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 商業・サービス運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン