セレシオ、通期は大幅減益=ドックモリス売却へ

医薬品卸売りで欧州最大手のセレシオ(Celesio)が27日発表した2011年12月通期の純利益は610万ユーロとなり、前年の2億6,500万ユーロから97.7%減少した。ユーロ圏債務危機などを背景に、各国政府が保健医療関連の予算を削減していることが逆風となっている。

売上高は1%減の230億2,640万ユーロ。特別損益を除いたEBITDA(利払い・税引き前・償却費控除前利益)は5億7,830万ユーロとなり、1年前から17%縮小した。同社は昨年からコスト削減案を実施しており、2013年からは再び増益を確保できるとの見通しを示した。

セレシオは通期決算と併せて、傘下のオンライン薬局ドックモリス(DocMorris)および製薬業界向け物流サービスを手掛けるMoviantoとPharmexxの2社を売却する方針を明らかにした。セレシオは主力の医薬品卸売りと薬局事業に集中するため今後も非中核事業の整理を進める方針だ。


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 経済一般・統計IT・通信医療・薬品商業・サービス運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン