• 印刷する

セレシオ、通期は大幅減益=ドックモリス売却へ

医薬品卸売りで欧州最大手のセレシオ(Celesio)が27日発表した2011年12月通期の純利益は610万ユーロとなり、前年の2億6,500万ユーロから97.7%減少した。ユーロ圏債務危機などを背景に、各国政府が保健医療関連の予算を削減していることが逆風となっている。

売上高は1%減の230億2,640万ユーロ。特別損益を除いたEBITDA(利払い・税引き前・償却費控除前利益)は5億7,830万ユーロとなり、1年前から17%縮小した。同社は昨年からコスト削減案を実施しており、2013年からは再び増益を確保できるとの見通しを示した。

セレシオは通期決算と併せて、傘下のオンライン薬局ドックモリス(DocMorris)および製薬業界向け物流サービスを手掛けるMoviantoとPharmexxの2社を売却する方針を明らかにした。セレシオは主力の医薬品卸売りと薬局事業に集中するため今後も非中核事業の整理を進める方針だ。


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 医療・医薬品運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独、移民規制の緩和で基本合意(12/02)

ボッシュの自動駐車ソフト、独で承認(12/02)

横浜ゴム、独で情報セキュリティー認証取得(12/02)

小売売上高、10月は2.8%減少(12/02)

メルセデス、越で3ブランド大幅値上げ(12/02)

Bグリム、タイで熱電併給発電所を稼働(12/02)

独、送電テネット出資巡りオランダと協議(12/01)

独製造業界、原材料不足が緩和=Ifo(12/01)

VW、台湾フォックスコンに製造委託も(12/01)

インフレ率、11月は10%に減速=速報値(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン