フランス電力、労組がスト決行=政府に抗議

フランス電力(EDF)の主要労働組合は26日、政府が打ち出したエネルギー価格の上昇を抑える計画に抗議するストライキを決行した。同計画がEDFの「破壊」につながり、最終的に顧客や納税者がその代償を支払うことになると主張している。ザ・コネクションなどが伝えた。 ロイ…

関連国・地域: フランス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

電力EDP、洋上風力発電に15億ユーロ投資(06/28)

スキポール空港、発着便数を年44万便に制限(06/28)

仏政府、今冬に北東部の石炭火発再開も(06/28)

眼鏡エシロールルクソティカ、会長が死去(06/28)

仏労組、7月6日に全国で鉄道スト呼び掛け(06/28)

エアバス、蘇州にR&D拠点を設置へ(06/28)

ナビヤ、バーレーンに自動運転車を導入へ(06/27)

ステランティス、仏・伊工場で生産停止へ(06/27)

仏製造業景況感、6月は改善(06/24)

仏EDF、原子炉巡りポーランド5社と提携(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン