フィリップス、第4四半期は35%減益

オランダの医療機器・ヘルスケア大手フィリップスは24日、第4四半期(2021年10~12月)のEBITA(利払い・税引き・償却前利益、特別損益除く)が6億4,700万ユーロとなり、前年同期比35%減少したと発表した。世界的な電子部品の不足やサプライチェーン(調達・供給網)の混乱…

関連国・地域: オランダ
関連業種: 医療・医薬品その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スキポール空港、発着便数を年44万便に制限(06/28)

オランダGDP、第1四半期は0.4%拡大(06/28)

オランダ、中国社排除に向け電力法改正へ(06/28)

テネット、北海の送電線敷設に向け入札へ(06/27)

トランサビア、スキポール発着240便欠航へ(06/24)

グレンコア子会社、アフリカでの贈賄認める(06/23)

オランダ、石炭火力発電の稼働制限を撤廃(06/22)

ロッテルダムで気候変動デモ、1万人参加(06/21)

エールフランス、25日にスト=影響は軽微(06/20)

スキポール空港、今夏の発着便数削減(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン