フィリップス、第4四半期は35%減益

オランダの医療機器・ヘルスケア大手フィリップスは24日、第4四半期(2021年10~12月)のEBITA(利払い・税引き・償却前利益、特別損益除く)が6億4,700万ユーロとなり、前年同期比35%減少したと発表した。世界的な電子部品の不足やサプライチェーン(調達・供給網)の混乱…

関連国・地域: オランダ
関連業種: 医療・医薬品その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

オランダGDP、第1四半期は横ばい(05/20)

伊藤忠、バイオ燃料供給でオランダ社と協業(05/20)

ドイツなど4カ国、洋上風力発電拡大で合意(05/20)

金融ABNアムロ、第1四半期は黒字回復(05/19)

エールフランスとCMA、航空貨物で提携(05/19)

オランダ、2026年から暖房の低炭素化加速(05/18)

ヒア、米アマゾンと供給網改善で提携(05/16)

伊政府、航空ITAを6月末までに売却へ(05/12)

郵便ポストNL、労組と賃上げで合意(05/12)

航空KLM、顧客への返金不備で罰金(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン