アルメニア大統領が辞任=影響力欠如で

アルメニアのアルメン・サルキシャン大統領が23日、辞意を表明した。同国ではナゴルノカラバフ自治州の帰属を巡るアゼルバイジャンとの紛争に事実上敗北した後、政治的な混乱が続いているが、こうした危機的状況において大統領に外交政策と国内政治に対する影響力がないことを理由…

関連国・地域: ロシアアルメニアアゼルバイジャン
関連業種: 政治社会・事件


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン