トタル、ミャンマーのガス事業から撤退へ

フランスの石油・ガス大手トタルエナジーズ(旧トタル)は21日、ミャンマー南部タニンダーリ沖の天然ガス田「ヤダナ」の開発から撤退すると発表した。2021年2月の軍事クーデター後、人権問題を巡る状況が悪化しているため。ロイター通信などによると、ヤダナの開発パートナーであ…

関連国・地域: フランスアジア米国
関連業種: 天然資源政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

暗号資産取引バイナンス、独事業免許取得へ(05/20)

仏ソジェン、露金融・保険事業の売却完了(05/20)

露外務省、仏・伊などの外交官を国外追放(05/20)

エールフランスとCMA、航空貨物で提携(05/19)

PKNオーレン、水素列車で仏社と提携(05/19)

仏新首相にボルヌ前労働相 30年ぶり2人目の女性首相(05/18)

エンジー、露ガスプロムと決済方法で合意(05/18)

タレス、欧州のサイバー防衛企業2社を買収(05/18)

失業率、第1四半期は7.1%に低下(05/18)

ルノー、露子会社とアフトバス株を売却(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン