• 印刷する

英政府、ギガプラントに投資 ブリティッシュボルトが資金確保

リチウムイオン電池(LIB)セルを手掛ける英新興企業ブリティッシュボルト(Britishvolt)は21日、電気自動車(EV)向けバッテリーの大規模工場「ギガプラント」を建設する計画を巡り、英政府から補助金を受けると発表した。金額は公表していないが、約1億ポンドとみられている。併せて、英不動産投資ファンドのトライタックス(Tritax)と英資産運用会社アバディーン(Abrdn)から、合わせて約17億ポンドを調達したことも明らかにした。

年間30万台超のEVにバッテリー供給が可能に(ブリティッシュボルト提供)

年間30万台超のEVにバッテリー供給が可能に(ブリティッシュボルト提供)

ギガプラントは2023年第4四半期(10~12月)から24年初めの開設を予定。約3,000人を雇用するほか、サプライチェーン(供給網)なども含めると5,000人の間接雇用が見込まれる。フル稼働すれば年間30万台超のEVにバッテリーを供給する見通しで、これは国内で年間に生産されるEVの約25%に相当する。

ブリティッシュボルトは官民からの資金が確保できたことについて「英国での商業規模のバッテリーのエコシステム構築に向けた第一歩となる」と強調。ジョンソン首相は「大規模工場の設置により英国でのEV生産が加速すると共に、数千人規模の雇用がもたらされる」とコメントした。

一方、フィナンシャル・タイムズは関係者の話を元に、ブリティッシュボルトが既に、英国のスポーツカーメーカー、ロータス・カーズや電気トラックのテッバ・モーターズ(Tevva Motors)、カナダの商用車メーカーのリオン(Lion)、エンジニアリング大手ボンバルディアと、バッテリー供給に向けた覚書を締結したと伝えている。また、欧米自動車大手ステランティスとも交渉を開始したという。

なお、ブリティッシュボルトはかねて、約2億ポンドの政府支援の確保を目指していたが、政府は複数のプロジェクトに資金を分散させる考えで、支援規模は最終的に1億ポンドに落ち着いたとみられる。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

航空IAG、ボーイング「737MAX」50機発注(05/20)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/20)

ナショナル・グリッド、通期は2.1倍に増益(05/20)

住宅修理ホームサーブ、カナダ社が買収(05/20)

JAL、7月から欧州路線を増便(05/20)

欧州で「サル痘」感染が発覚=各国が警戒(05/20)

インフレ率、4月は9%=過去40年で最高(05/19)

生産者物価、4月は14%上昇(05/19)

ロンドン・シティー空港、30年にゼロ排出へ(05/19)

バーバリー、通期は4%増益(05/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン