北マケドニア議会、新政権を承認

北マケドニア議会は16日、与党・社会民主同盟(SDSM)のコバチェフスキー党首(47)を首班とする新連立政権を承認した。当面の優先課題は、エネルギー価格高騰への対応のほか、欧州連合(EU)加盟を見据えた隣国ブルガリアとの関係改善となる。ブルームバーグなどが伝えた。…

関連国・地域: EUブルガリア北マケドニア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

ブルガリア、北マケドニアのEU加盟を支持(06/27)

北マケドニア、ソーラーパネル設置に補助金(06/20)

ショルツ首相、西バルカン諸国など歴訪(06/14)

露外相、セルビア訪問中止=隣国が飛行禁止(06/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン