オランダの売春施設、2000年以降に8割減

オランダでは2000年に売春が合法化されたが、当時は1,350軒あった売春施設は現在は250軒程度となり、20年間で8割減少した。風俗業者の営業許可の取得や更新が難しくなっていることが背景にある。NLタイムズなどが17日伝えた。 同国では売春の解禁後、性産業の規制は自治体に委…

関連国・地域: オランダ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

米アップル、オランダがアプリ決済変更命令(01/19)

オランダ、越・メコン川のプラごみ収集支援(01/19)

オランダ、コロナ規制緩和=美容室など再開(01/18)

GSK、ユニリーバからの部門買収提案拒否(01/18)

ウィートランスファー、親会社がIPO計画(01/13)

国民の7割近く、ルッテ新内閣を信頼せず(01/12)

ポーランド当局、車両ディーラー6社に罰金(01/12)

第4次ルッテ内閣が発足 気候変動対策など支出拡大へ(01/11)

ハイネケン、醸造所の従業員がスト計画(01/11)

英ヴァージン、オランダでSPAC上場か(01/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン