ルスアル、シベリアの低炭素精錬所を稼働

ロシアのアルミ大手ユナイテッド・カンパニー・ルスアル(RUSAL)は17日、シベリア南東部イルクーツク州タイシェト(Taishet)の低炭素アルミニウム精錬所の稼働を開始したと発表した。総工費は16億9,000万ドルで、自動車業界などを中心に高まる低炭素製品の需要に対応する狙…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

伊大手企業幹部ら、露大統領とビデオ会議(01/28)

「ノルドストリーム2」、露侵攻なら停止も(01/28)

露反体制派ナワリヌイ氏、テロリスト扱いに(01/27)

独仏首脳会談、露との対話継続を確認(01/27)

ステランティス、露から欧州に商用バン輸出(01/27)

露カマズ、ハンガリーでEV開発・生産へ(01/26)

カザフスタンで送電網が遮断=3カ国で停電(01/26)

アルメニア大統領が辞任=影響力欠如で(01/25)

米英、ウクライナから大使館職員家族ら退避(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン