シュコダ、冬季休暇を来年1月10日まで延長

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のチェコ子会社シュコダ・オートは、クリスマス休暇を来年1月10日まで延長するもようだ。半導体の供給不足を受けて、生産の中断期間を延ばす格好。労働組合の発表を元にロイター通信が16日伝えた。 クリスマス休暇は12月23日からで…

関連国・地域: ドイツチェコ
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

レンゴー、独に新会社=包装資材会社を買収(05/26)

チェコのインフレ率、3月は12.7%に加速(05/20)

チェコ乗用車生産、4月は24%減少(05/20)

シュコダ、EV用バッテリーの生産開始(05/19)

チェコ、ガス備蓄に向け国営取引会社設立へ(05/18)

シュコダ、印でEV「エンヤク」の走行試験(05/13)

チェコ大統領、次期中銀総裁を指名(05/12)

チェコ中銀、5.75%に利上げ(05/09)

チェコ新車登録台数、4月は22.5%減少(05/09)

チェコ政府、ガス備蓄増大=CEZから購入(05/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン