中銀、通貨リラ暴落で為替市場介入=4回目

トルコ中央銀行は13日、通貨トルコリラの暴落を受け、過去2週間で4回目となる為替市場への直接介入を実施した。中銀は対ドル相場を1ドル=14リラ以下にとどめる狙いで介入を実施してきたが、この日はリラの対ドル相場が一時1ドル=14.99リラと7%下落。史上最安値を更新した。…

関連国・地域: トルコ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

トルコ中銀、政策金利を14%に据え置き(01/21)

トルコ中銀、UAEと通貨スワップ協定(01/21)

トルコ大統領、利下げ要求の緩和を示唆(01/20)

食品加工機器モリノ、インドネシア社と提携(01/20)

トルコ自動車生産、12月は12.1%減少(01/18)

トルコ大統領、アルバニア訪問で提携強化(01/18)

トルコとアルメニア、関係正常化へ協議開始(01/17)

トルコ鉱工業生産、11月は11.4%増加(01/14)

トルコ失業率、11月は11.2%で横ばい(01/13)

トルコ議会、商品備蓄への罰則強化を承認(01/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン