• 印刷する

VW、新技術に890億ユーロ eモビリティーやデジタル化に重点

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は、2026年までの5年間でeモビリティーやデジタル化などの新技術に総額890億ユーロを投資すると発表した。1年前には25年までの5年で730億ユーロを投資するとしていたが、これを22%拡大する格好となる。中でも自動車の電化に注力し、バッテリー式電気自動車(EV)が全販売台数に占める比率を現在の5~6%から26年までに25%に引き上げるとしている。

同社が9日の監査役会で22~26年のグループ事業計画を承認。それによると、新技術以外も含めた投資全体では1,590億ユーロを見込む。新技術への投資はこのうち56%に相当し、前回の5カ年計画の約50%からさらに比率が拡大して過去最高水準に達した。

新技術への投資890億ユーロのうち、eモビリティー向けの投資は520億ユーロと、前回の5カ年計画から1.5倍に増やした。うち約210億ユーロは、北西部ニーダーザクセン州のウォルフスブルク本社工場とハノーバー工場、ザルツギッター工場などのEV拠点化に充てる。本社工場では23年に量販EV「ID.3」の部分的生産を開始し、24年以降は生産を本格化させる。

一方、移行技術と見なすハイブリッド化への投資は80億ユーロと、前回から30%減らした。

自動運転技術を含むデジタル化への投資は、前回から10%拡大し300億ユーロとしている。同社は30年までに、世界のモビリティー市場での売上高の3分の1をソフトウエアサービスで稼ぎ出すことを目指している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ経済、第4四半期は縮小か=連銀月報(01/25)

ルフトハンザ、伊ITA株40%取得で協議か(01/25)

アトラスコプコ、独追跡システム企業を買収(01/25)

ビオンテック製ワクチン、99万回分が台湾に(01/25)

高技能労働者年40万人誘致へ 独政府、人材不足解消で(01/24)

メルセデス、米センサー技術ルミナーと提携(01/24)

BMW、ネット不要のEV充電会社に出資(01/24)

中国ドローン企業、ドイツにR&D拠点(01/24)

独製薬スタダ、ルーマニアで生産施設を建設(01/21)

ティッセン、イスラエルから潜水艦受注(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン