ポルトガル大統領、安楽死法案を再び拒否

ポルトガルのレベロデソウザ大統領は、末期患者の安楽死や自殺ほう助を認める法案への署名を再び拒否した。これにより新法案の導入は事実上、次期国会の開会まで先送りとなる。ロイター通信が11月30日伝えた。 大統領は理由として、末期症状を形容する各種の表現に矛盾があり、明…

関連国・地域: ポルトガル
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ポルトガル与党、選挙控え支持率過半数割れ(01/14)

ポルトガル、企業再建巡る新法を4月に施行(01/13)

オーストリア、安楽死を合法化(01/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン