フィンランド企業、空気と電気でタンパク質

二酸化炭素(CO2)と電気から単細胞タンパク質を生成するフィンランドのスタートアップ企業ソーラー・フーズは、米航空宇宙局(NASA)とカナダ宇宙庁(CSA)が主催する宇宙食開発コンペの1次審査で受賞者に選出された。2023年にも商業生産を開始する計画。 ソーラー・…

関連国・地域: フィンランド
関連業種: 食品・飲料化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ノルデア銀、新会長に英RBS元CEO(01/17)

印マヒンドラ、ノキアとローカル5G提供(01/17)

ノバテク、フィンランド社から再生エネ調達(01/13)

ユニパー、100億ユーロの与信枠を獲得(01/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン