• 印刷する

英、新築住宅にEV充電器の設置義務付け

ジョンソン首相は22日、来年からイングランドで新築の住宅や建物に電気自動車(EV)充電器の設置を義務付ける方針を明らかにした。2030年にディーゼル車とガソリン車の新車販売を禁止する計画に向けた措置。これにより、新たに年間14万5,000カ所にEV充電器が設置されると見込んでいる。

この措置の対象となるのは、新築の住宅やオフィス、スーパーなどの建物。加えて、大規模改築により10台以上分の駐車スペースが設置される場合にも、EV充電器の設置が義務付けられる。

併せて、外出先でもより容易にEVを充電できるよう、すべての急速充電器に非接触型決済を導入するなどの措置を取るとしている。

同首相はこの日、英国産業連盟(CBI)での演説でこれらの措置を発表。「今は重要な転換期であり、従来通りのやり方を続けるわけにはいかない」とした上で「グリーン産業革命に向け、経済を適合させる必要がある」と話した。

政府は10月、EVの助成金および充電ポイントを中心とするインフラに6億2,000万ポンドを投資する方針も明らかにしている。BBC電子版によると、英国内の充電器は現在、2万5,000台だが、英競争・市場局(CMA)は、30年までにこれを10倍に拡大する必要があると予想している。

英国で昨年に販売された乗用車のうちEVの比率は約10%と、18年の2.5%から急速に伸びている。EV充電インフラを手掛ける英コネクテッド・カーブ(Connected Kerb)によると、向こう5年間で4世帯に1世帯がEV購入を検討している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英米、鉄鋼関税の協議開始 中国の過剰生産対応で協力へ(01/21)

電池モンバット、英アルファハウスと提携(01/21)

ユニリーバ、GSKの部門買収額の増額拒否(01/21)

英求人広告、1割がリモートワーク提示(01/21)

スタンチャート、同業の香港信託事業を買収(01/21)

R・ロイス、シンガポール社と保守契約(01/21)

英、27日からコロナ規制緩和 在宅勤務推奨やマスク義務廃止(01/20)

資源リオ、セルビアのリチウム鉱床計画停止(01/20)

インフレ率、12月は5.4%=過去30年で最高(01/20)

生産者物価、12月は9.3%上昇(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン