ナゴルノカラバフ巡る緊張、再び高まる

旧ソ連の構成国だったアゼルバイジャンとアルメニアの間で、ナゴルノカラバフ自治州の帰属を巡る緊張が再び高まっている。紛争が勃発してから9月末で1年が経過した。タス通信などが伝えた。 アルメニアのパシニャン首相は15日、アゼルバイジャン軍が国境を越えアルメニアの領土…

関連国・地域: アルメニアアゼルバイジャン
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

アルメニア大統領が辞任=影響力欠如で(01/25)

トルコとアルメニア、関係正常化へ協議開始(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン