中国・アリババ、ベルギー物流拠点が稼働

中国の電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の物流企業、菜鳥網絡科技は、ベルギー東部のリエージュ(Liege)で建設を進めていた物流センターを稼働させたと発表した。 この物流センターは、同社が欧州に置く最大規模の施設で、配送の効率化を実現するためデジタル技術が導…

関連国・地域: ベルギーアジア
関連業種: 運輸IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

ベルギー当局、原子炉2基の稼働延長を承認(01/19)

ブリュッセル空港、15年来の貨物輸送量に(01/19)

コロナパス導入国、経済効果を確認=研究(01/19)

ブリュッセル地下鉄で突き落とし=男を逮捕(01/18)

スーパーのユンボ、食料品宅配ゴリラと提携(01/05)

ベルギー、25年までに原発廃止へ(2021/12/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン