• 印刷する

コンチネンタル、第3四半期は黒字回復

ドイツのタイヤ・自動車部品大手コンチネンタルは10日、第3四半期(7~9月)の純利益が3億910万ユーロとなり、前年同期の7億1,930万ユーロの赤字から黒字に転じたと発表した。半導体供給のボトルネックやエネルギー価格の上昇が打撃となったものの、1年前は事業再編コストなどの特別損失を計上しており、その反動が大きい。

売上高は7.4%減の80億4,050万ユーロ。うち自動車部門は15.9%減少した。半面、ゴム部門は1.2%伸びている。

グループのEBIT(利払い・税引き前利益)は4億1,850万ユーロと、前年同期の6億7,360万ユーロの赤字から黒字を回復した。これをベースとする利益率は5.2%と、1年前のマイナス7.8%からプラスに復帰した。

同社は今年について、売上高が約325億~335億ユーロに、特別損益を除くEBITベースの利益率が5.2~5.6%程度になるとして、見通しをそれぞれ下方修正した。半導体不足は今期にピークに達したとみるものの、向こう数カ月は依然として非常に不安定な市況が続くとしている。また、車両向けの電子機器・部品、ゴム製品の原材料、エネルギーや物流のコスト上昇による悪影響はますます大きくなっていると指摘した。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

憲法裁、政府の「緊急ブレーキ」に合憲判断(12/01)

独、人口当たり感染者数が3週間ぶりに低下(12/01)

コロナ危機対策チーム、軍高官が指揮へ(12/01)

失業率、11月は5.3%に低下(12/01)

独住宅価格の上昇、今後数年で緩和も=調査(12/01)

インフレ率、11月は5.2%=過去29年で最高(11/30)

セアト、工場間の車両輸送を鉄道に転換(11/30)

独、米に新ガス導管巡る制裁撤回を要請か(11/30)

独公務員労組、2.8%の賃上げを発表(11/30)

中国・美的、傘下の独クーカを完全子会社化(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン