海運マースク、第3四半期は5.2倍に増益

デンマークの海運大手APモラー・マースクは2日、第3四半期(7~9月)の純利益(特別損益除く)が54億4,800万ドルとなり、前年同期から5.2倍に増加したと発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)と世界的なサプライチェーン(調達・供給網)問題でコンテ…

関連国・地域: デンマーク
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

バング&オルフセン、第2四半期は17%減益(01/13)

政府、30年までに国内航空の化石燃料ゼロへ(01/04)

オミクロン株、重症化率低く 3カ国のデータ分析で判明(2021/12/24)

コソボ、デンマークに刑務所の空室を貸与(2021/12/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン