• 印刷する

ガソリン価格、過去最高更新 原油高騰やマージン引き上げ受け

英国で24日、ガソリンの平均価格が1リットル当たり142.94ペンスとなり、2012年4月の142.48ペンスを上回り過去最高を更新した。原油価格の高騰や小売業者がマージンを引き上げたことなどが背景にあり、1年間で28ペンス上昇した。ロードサービス・自動車保険大手RACが25日発表した。

RACによると、ガソリン価格高騰の主な原因である原油価格は、1年前の1バレル当たり40ドルから倍増し、現在は85ドル。年末までに90ドルに達すると予測する専門家もいる。また、新型コロナウイルスの影響で販売量が減少したため、業者が収支のバランスを取る目的で1リットル当たりの平均マージンを5.5ペンスから7.5ペンスに増加させているという。加えて、混合ガソリン「E10」の供給が始まったことで、バイオ燃料の割合が最大10%に引き上げられたことも値上がりにつながっている。現在、平均的なファミリーカーを満タンにするには、78.61ペンスのコストがかかる。

RACは今後、ガソリン価格が150ペンスに達する可能性も十分あると言及。燃料部門を率いるサイモン・ウィリアムズ氏は「ドライバーにとってまさに暗黒な日だ」とコメントした。経済全体への影響も必至としている。

ディーゼル油の平均価格は1リットル当たり146.50ペンスで、こちらも12年4月の最高値147.93ペンスに迫っている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

ライアンエアー、英シェルからSAF調達へ(12/05)

トタル、北海への投資縮小 英の超過利潤税で25%削減(12/05)

英下院の補欠選、最大野党・労働党が圧勝(12/05)

ジョン・ルイス、アバディーンと住宅建設へ(12/05)

衣料品ネクスト、同業ジュールズ買収で合意(12/05)

遠隔地でスターリンクの衛星ブロバン試験(12/05)

フォード、英工場に追加投資 EV部品増産へ=1.3億ポンド(12/02)

ユーロスターの英警備員、12月に4日間スト(12/02)

伊エニ、ネプチューン・エナジー買収で協議(12/02)

ネーションワイド住宅価格、1.4%低下(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン