ロンドンの超低排出区域、25日から範囲拡大

ロンドンで25日、大気汚染対策である「超低排出区域(ULEZ)」の対象地域が拡大した。新たに対象となったのは、北環状線および南環状線の内側エリア。従来のロンドン中心部の区域から18倍に広がっており、約380万人が影響を受ける見通し。 ULEZは2019年4月から導入された…

関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英国、店舗などでのマスク着用義務を再導入(11/30)

石油BP、大規模なグリーン水素施設を建設(11/30)

シェル再編案、2社目の株主助言機関が支持(11/30)

英の不法移民、24%増加=コロナ前水準迫る(11/30)

BA、香港便の運航停止=乗員の強制隔離で(11/30)

EU各国、英仏海峡渡る移民問題を協議(11/30)

乗用車生産、10月は過去65年で最低(11/29)

仏、移民問題巡る会議から英国を除外(11/29)

英当局、コネクレーンズ合併巡り懸念表明(11/29)

アフリカ南部からの入国制限 欧州各国、新変異株の確認受け(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン