企業ソフトのSAP、第3四半期は14%減益

ドイツの企業向けソフト大手SAPは21日、第3四半期(7~9月)の純利益が14億1,800万ユーロとなり、前年同期比14%減少したと発表した。エクスペリエンス管理ソフトを手掛ける米クアルトリクス(Qualtrics)のスピンオフ(事業の分離・独立)に絡む費用がかさんだほか、主力の…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インフレ率、11月は5.2%=過去29年で最高(11/30)

セアト、工場間の車両輸送を鉄道に転換(11/30)

独、米に新ガス導管巡る制裁撤回を要請か(11/30)

独公務員労組、2.8%の賃上げを発表(11/30)

中国・美的、傘下の独クーカを完全子会社化(11/30)

アウディ、印でEV販売強化へ(11/30)

EU各国、英仏海峡渡る移民問題を協議(11/30)

マレーシアのカカオ豆加工社、独工場に投資(11/30)

ラインメタル、ハンガリー社の株式25%取得(11/29)

仏、移民問題巡る会議から英国を除外(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン