• 印刷する

モリソン、株主が米CD&Rへの身売り承認

英国のスーパー大手モリソンは19日、株主総会で、米国のプライベートエクイティ(PE)企業クレイトン・デュビリア・アンド・ライス(CD&R)への身売り計画が承認されたと発表した。6月から続いた同社争奪戦に、ようやく終止符が打たれた。

株主の賛成率は99.2%と、身売り成立に必要だった75%を大きく上回った。取引完了は27日を見込む。

モリソンは先に、自社の売却先を決める入札で、CD&Rが米フォートレス・インベストメント・グループに競り勝ったと発表。モリソンの取締役会はこれを受け、株主に受け入れを推奨していた。買収額は70億ポンド。

CD&Rはモリソンの本社をイングランド北部ブラッドフォード(Bradford)に残し、デービッド・ポッツ最高経営責任者(CEO)をはじめとする経営陣も留任させるとしているが、こうした約束に法的拘束力はない。

CD&Rは6月、モリソンに55億ポンド規模の買収提案を行ったが拒否された。翌7月にモリソンは、米フォートレス・インベストメント・グループ率いる投資家グループと63億ポンドの身売り案で合意したが、モリソンの主要株主がこれに反対。その後、CD&Rとフォートレスはそれぞれ買収提示額を引き上げ、争奪戦の激化が予想されたことから英国の買収委員会(テークオーバー・パネル)が介入し、入札方式が取られていた。


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 金融小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

英国、店舗などでのマスク着用義務を再導入(11/30)

石油BP、大規模なグリーン水素施設を建設(11/30)

シェル再編案、2社目の株主助言機関が支持(11/30)

英の不法移民、24%増加=コロナ前水準迫る(11/30)

BA、香港便の運航停止=乗員の強制隔離で(11/30)

EU各国、英仏海峡渡る移民問題を協議(11/30)

乗用車生産、10月は過去65年で最低(11/29)

仏、移民問題巡る会議から英国を除外(11/29)

英当局、コネクレーンズ合併巡り懸念表明(11/29)

アフリカ南部からの入国制限 欧州各国、新変異株の確認受け(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン