スイス西部、土壌のダイオキシン汚染を確認

スイス西部ボー州のローザンヌで、中心部の土壌の大部分がダイオキシンに汚染されていることが明らかとなった。1958~2005年に稼働していた家庭ごみ焼却場からの汚染物質流出が原因とみられている。地元政府は、住民に一部の地元産食品の消費を避けるよう勧告している。 ボー州政…

関連国・地域: スイス
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

C・スイス、会長がコロナ規制違反で辞任(01/18)

エナジー・ボールト、豪市場に軸足も(01/17)

スイス、感染者の自主隔離期間を5日に半減(01/13)

スイス、2月に4件の国民投票実施(01/07)

チューリッヒ、伊事業をガマライフに売却(01/05)

欧州委の外交代表、ウクライナを訪問(01/05)

指標金利LIBOR、昨年末でほぼ廃止(01/04)

クラリアント、BASFの米鉱物資産を買収(2021/12/29)

セメントのホルシム、米屋根材マラキー買収(2021/12/24)

食品ネスレ、エジプト工場拡張に追加投資へ(2021/12/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン