フィリップス、第3四半期は25.1%減益

オランダの医療機器・ヘルスケア大手フィリップスは18日、第3四半期(7~9月)のEBITA(利払い・税引き・償却前利益、特別損益除く)が5億1,200万ユーロとなり、前年同期比25.1%減少したと発表した。世界的な電子部品不足が打撃となった。 売上高は41億5,600万ユーロと…

関連国・地域: オランダ
関連業種: 電機医療・医薬品その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

オランダ、部分的なロックダウン措置を強化(11/30)

オランダで浮体式太陽光パネルの試験開始(11/30)

シェル再編案、2社目の株主助言機関が支持(11/30)

オランダ、自主隔離から脱走の男女逮捕(11/30)

EU各国、英仏海峡渡る移民問題を協議(11/30)

仏、移民問題巡る会議から英国を除外(11/29)

ユニリーバ、ルーマニアの食品工場を拡張へ(11/26)

オランダ、「社会的距離」ルールを再導入(11/25)

三井物産、畜水産種苗ヘンドリックスに出資(11/25)

オランダ、ワクチン未接種者の規制強化検討(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン