フィリップス、第3四半期は25.1%減益

オランダの医療機器・ヘルスケア大手フィリップスは18日、第3四半期(7~9月)のEBITA(利払い・税引き・償却前利益、特別損益除く)が5億1,200万ユーロとなり、前年同期比25.1%減少したと発表した。世界的な電子部品不足が打撃となった。 売上高は41億5,600万ユーロと…

関連国・地域: オランダ
関連業種: 電機医療・医薬品その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

オランダ、コロナ規制緩和=美容室など再開(01/18)

GSK、ユニリーバからの部門買収提案拒否(01/18)

ウィートランスファー、親会社がIPO計画(01/13)

国民の7割近く、ルッテ新内閣を信頼せず(01/12)

ポーランド当局、車両ディーラー6社に罰金(01/12)

第4次ルッテ内閣が発足 気候変動対策など支出拡大へ(01/11)

ハイネケン、醸造所の従業員がスト計画(01/11)

英ヴァージン、オランダでSPAC上場か(01/11)

小売業界、ロックダウンで20億ユーロ超損失か(01/07)

オランダで鳥インフルが猛威(01/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン