• 印刷する

ドイツ鉄道、自動運転列車公開 12月からハンブルクで運用開始

ドイツの総合電機大手シーメンスの鉄道部門シーメンス・モビリティーとドイツ鉄道(DB)は11日、北部ハンブルクで初の完全自動運転列車を公開した。12月から都市近郊鉄道Sバーンの一部で運用を始める。

駅を通過する完全自動運転の列車(シーメンス提供)

駅を通過する完全自動運転の列車(シーメンス提供)

今回のお披露目は、スマートモビリティーや運輸のデジタル化に関する国際会議「第27回ITS世界会議ハンブルク2021」の開幕に合わせたもの。会期中は、ハンブルクSバーンのS21号線の、ベルリナー・トール(Berliner Tor)駅から23キロメートルの区間で試験運転が行われる。

自動運転列車の導入はDBの鉄道デジタル化計画の一環で、両社とハンブルク市が6,000万ユーロを投資。完全な自動運転が可能だが、運用時には監督のため運転手も乗車する。12月から4編成の定期運行を開始し、2030年までにハンブルクSバーン全体のデジタル化を目指す。

シーメンスのローランド・ブッシュ社長兼最高経営責任者(CEO)は、自社の技術により、顧客の輸送能力を最大30%拡大することが可能だと説明。さらに、時刻表の正確性を大幅に向上し、30%以上のエネルギーを節約できるとしている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

セルビア、欧州自動車3社とリチウム契約へ(07/19)

独企業のAI利用が拡大 広告・市場調査では7割が導入(07/19)

クールジャパン機構、独家電サブスクに出資(07/19)

BMW、新電気モーターの路上試験実施へ(07/19)

eVTOLリリウム、有人飛行は25年に延期(07/19)

メルセデスとスタバ、米でEV充電網構築(07/19)

VW、第1弾モデル発表=中国サブブランド(07/19)

アディダス、商標巡り米ブランドと法廷紛争(07/19)

セルビア政府、資源リオのリチウム事業許可(07/18)

独、25年度予算案を閣議承認 投資過去最高も再生エネ補助削減(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン