• 印刷する

ハンブルクでITS世界会議が開幕

ドイツのハンブルクで11日、スマートモビリティーや運輸のデジタル化に関する国際会議「第27回ITS世界会議ハンブルク2021」が開幕した。同会議は400以上の企業・団体が出展する展示会と200を超えるセッションで構成され、15日までの会期中に1万人超が来場する見通しだ。

今年のテーマは「未来のモビリティーをいま体験する」。開会式には、経済産業省の福永大臣官房審議官(製造産業局担当)がビデオで登壇する予定。会議テーマは、自動運転とコネクテッド運転、MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)、港湾物流効率化、高度インフラ、新技術による新サービス、都市と市民へのソリューション提供と、多岐にわたる。

展示会では、オランダの地図・位置情報サービス会社ヒア(HERE)・テクノロジーズが、位置データ技術による都市モビリティーの高度化や乗り物による移動の効率化、乗り換え経路の最適化を実演。また、ドイツのタイヤ・自動車部品大手コンチネンタルは、スマートモビリティーやフリート管理、自動運転モビリティーなどの分野のサービスや新技術を披露する。

このほか、出展企業には、米国の半導体大手インテルの子会社で検知技術を手掛けるモービルアイ(Mobileye、イスラエル)や、フランスの情報技術コンサルタント会社ソプラ・ステリア、ドイツの自動車部品大手ZFフリードリヒスハーフェン(Friedrichshafen)なども含まれている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

VW、本社の生産台数が激減 過去60年超で最少に=半導体不足(10/22)

SPD、下院議長に女性指名=史上3人目(10/22)

テスラの工場建設巡る意見公募、再実施へ(10/22)

バス運営フリックス、グレイハウンド買収(10/22)

企業ソフトのSAP、第3四半期は14%減益(10/22)

アディダス、フィリピンに東南ア最大店開業(10/22)

3党連立案、デジタル化を重視 未来志向の投資方針示す(10/21)

生産者物価、9月は過去46年超で伸び最大(10/21)

ワイトマン連銀総裁、年内で退任(10/21)

欧州一般裁、ルフトハンザの資産買収を支持(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン