ノバテク、ヤマル半島でブルー水素生産も

ロシアの天然ガス大手ノバテク(Novatek)は、北極圏にあるシベリア北西部ヤマル半島で2026~27年にブルー水素プラントを建設することを検討している。レオニード・ミヘルソン最高経営責任者(CEO)の話として、インタファクス通信が5日伝えた。 それによると、ヤマル半島の液…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

露とベラルーシ、エネルギー市場統合に前進(12/01)

ポーランド首相「露が欧州不安定化を画策」(12/01)

ロスアトム子会社、南米でリチウム開発参加(12/01)

ガスプロム、第3四半期は過去最高益(11/30)

独、米に新ガス導管巡る制裁撤回を要請か(11/30)

シベリア南東部の炭鉱事故、死者は51人に(11/29)

モルドバ、ガスプロムに料金返済=供給継続(11/29)

ロシア下院、22~24年の連邦予算案を可決(11/26)

ロシア、10代向け新型コロナワクチンを承認(11/26)

越の対露貿易額、農林水産物の割合は2割(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン