独、中国社のスマホを調査=言論監視疑惑で

ドイツの連邦情報セキュリティー庁(BSI)は、中国のスマートフォン大手、小米科技(シャオミ)の製品の調査を行っているもようだ。リトアニアの国防省が同社の機器に利用者の言論を監視する機能が組み込まれているとの報告書を公表したことを受けた措置。内務省報道官の話を元…

関連国・地域: ドイツリトアニアアジア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

VW、本社の生産台数が激減 過去60年超で最少に=半導体不足(10/22)

SPD、下院議長に女性指名=史上3人目(10/22)

テスラの工場建設巡る意見公募、再実施へ(10/22)

バス運営フリックス、グレイハウンド買収(10/22)

企業ソフトのSAP、第3四半期は14%減益(10/22)

アディダス、フィリピンに東南ア最大店開業(10/22)

3党連立案、デジタル化を重視 未来志向の投資方針示す(10/21)

生産者物価、9月は過去46年超で伸び最大(10/21)

ワイトマン連銀総裁、年内で退任(10/21)

欧州一般裁、ルフトハンザの資産買収を支持(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン