ラパルマ島、溶岩が海に=有毒ガス発生も

50年ぶりに火山が噴火した大西洋のスペイン領カナリア諸島のラパルマ島で28日午後11時ごろ、溶岩流が海に到達した。溶岩が水に触れると化学反応で爆発や有毒ガスが発生する恐れがあり、警戒感が高まっている。 BBC電子版によると、プラヤ・ヌエバ(Playa Nueva)地区では、溶岩…

関連国・地域: スペイン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

インディテックス、新会長に創業者の娘(12/01)

スペイン、アフリカと英からの入国規制強化(11/30)

セアト、工場間の車両輸送を鉄道に転換(11/30)

スペイン下院、2022年度予算案を可決(11/29)

カタルーニャ州、飲食店でコロナパス導入(11/29)

ラパルマ島の噴火活動、過去375年で最長に(11/26)

カタルーニャ州の原発でガス漏れ、1人死亡(11/26)

ポルトガル最後の石炭火力発電所が閉鎖(11/23)

金融BBVA、トルコ行に全株取得を提案(11/16)

アレアストゥール、バーレーンに工場開設(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン