ラパルマ島、噴火が再活発化=全航空便運休

50年ぶりに火山が噴火した大西洋のスペイン領カナリア諸島のラパルマ島について、研究者らは27日、噴火活動が再活発化したと発表した。専門家らは同日にも溶岩が海に到達すると予測している。ロイター通信などが伝えた。 カナリア諸島の火山学研究所などは27日朝、噴火や地震が収…

関連国・地域: スペイン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アルストム、スペインで年内に200人超採用(10/22)

スペイン政府、レイオフ制度を1年延長も(10/19)

スペイン首相、売春行為の違法化を宣言(10/19)

ユーロ圏の成長率予測引き上げ 仏やスペイン回復見込む=IMF(10/14)

EQT、通信アダモを仏アルディアンに売却(10/13)

スペイン元警察トップ、脅迫など巡る公判へ(10/12)

シデノール、バサウリ工場の操業を年内停止(10/12)

スペイン鉱工業生産、8月は1.8%増加(10/11)

スペイン、新たな住宅法で家賃に規制導入も(10/07)

スペイン新車登録、9月は15.7%減少(10/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン