議会、新興財閥の影響力を抑制する法案可決

ウクライナの最高議会(一院制、定数450)は23日、資本主義化の過程で形成された新興財閥の政治的・経済的影響力を抑制する法案を可決した。同法案は7月、第1読会を通過。この日行われた第2読会後の決議投票で、279票の賛成を得て承認された。ゼレンスキー大統領の署名を経て成…

関連国・地域: ウクライナ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ウクライナ議会、背任で議長を解任(10/11)

カタール酪農企業、ウクライナに農場開設も(10/01)

ハンガリー、ガスプロムと天然ガス供給契約(09/29)

議会、新興財閥の影響力を抑制する法案可決(09/27)

海運DFDS、ICTロジスティクスを買収(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン