• 印刷する

国内スーパーの総売上高、4.2%増加

市場調査会社カンター・ワールドパネルは1月31日、国内スーパーの総売上高が1月22日までの12週間で前年同期比4.2%増加したと発表した。ただ、食料品価格はこの間に5.7%上昇しているため、市場は実質的に縮小しているといえる。

4大スーパーのうち、首位のテスコは市場シェアが29.9%と前年同期比0.6ポイント下落し、30%を割り込んだ。ただし売上高は2.1%増えている。2位のアズダは、ディスカウントチェーンのネットー(Netto)買収が奏功し、シェアが16.9%から17.5%に上昇。売上高は8.2%伸びた。

3位のセインズベリーは5%の増収。シェアは0.1ポイント増の16.7%と、2003年3月以降で最大となった。4位モリソンは3.7%の増収ながら、シェアは0.1ポイント減の12.3%で、12期ぶりに縮小に転じた。高級スーパーのウェイトローズは7.2%の増収だった。

ユーロ圏債務危機による景気の悪化を受け、ディスカウントスーパーの伸びが大きいのが目立つ。独アルディとリドルはそれぞれ19.7%、11.7%の増収。また、低価格販売が人気の冷凍食品販売大手アイスランドは11.3%のプラスとなった。


関連国・地域: 英国ドイツEU
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、打開策求め奔走 EU側の首脳陣と相次ぎ会談(12/12)

ZEW景気期待指数、12月は改善(12/12)

ポーランドの貿易収支、1~10月は赤字転落(12/12)

フォード、欧州事業の再編に着手(12/12)

広告WPP、事業再編=3500人整理(12/12)

BDI、企業に合意なし離脱の備え呼び掛け(12/12)

給食ソデクソ、英学校給食AiPを買収(12/12)

失業率、10月は横ばいの4.1%(12/12)

通信大手、障害時の賠償金自動支払いに合意(12/12)

ウーバー、ロンドンバスの運行データ統合も(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン