• 印刷する

ミュンヘン再保険、通期で71%減益

再保険で世界最大手のミュンヘン再保険は2日、2011年通期の純利益が7億1,000万ユーロ(速報値)となり、前期比71%減少したと発表した。自然災害が相次ぎ保険金請求が膨れ上がったうえ、ユーロ圏債務危機により金融市場が低迷したことが響いた。ただ税金の還付もあり、業績は市場予想を上回った。

総保険料収入は9%増の496億ユーロ。税金の還付は5億5,000万ユーロだった。東日本大震災とニュージーランド南島の大地震で生じた保険金請求額は、それぞれ約15億ユーロに上る。再保険事業のコンバインドレシオ(保険料収入に対する支出と請求額の割合)は前期の100.5%から113.6%に悪化した。

昨年第4四半期(10~12月)の純利益は、前年同期比31%増の6億3,000万ユーロ。最も大きな損失はタイの洪水被害の保険金請求で、約5億ユーロに上った。再保険事業のコンバインドレシオは1年前の96%から101.8%に悪化している。なお同社は通期配当について、前年の1株当たり6.25ユーロを維持する方針を示した。


関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

トルコ自動車生産、2月は15.5%減少(03/22)

シーメンス、ガスタービン事業を合弁化も(03/22)

配車ボルト、食事配達サービスを開始(03/22)

二輪ベネリ、印で8~9モデル発売へ(03/22)

イノジー、ワルシャワでEVカーシェア開始(03/22)

VW、ノースボルトと欧州電池連合を設立へ(03/22)

幸福度調査、フィンランドが2年連続首位(03/22)

VW、人員整理計画巡り監査役会を開催か(03/22)

独政府、難民統合向け基金を3分の1縮小へ(03/22)

ティッセンとタタ、統合改善策の提示を延期(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン