• 印刷する

ロンドン地下鉄ノーザン線の延伸部が開業

ロンドン地下鉄ノーザン線で20日、新たな延伸線が商業運行を開始した。市南部のケニントン駅とバタシー発電所跡の再開発地を結ぶ全長3キロメートルの複線で、併せて2つの新駅がオープンしている。ロンドン地下鉄が延伸されるのは22年ぶり、ノーザン線に新駅が開設されるのは80年ぶりとなる。ロンドン交通局(TfL)が発表した。

新たな延伸線は、ケニントン駅からナインエルムズ駅を経て、終点バタシーパワーステーション駅に至る。これにより、バタシー発電所跡の再開発地から市中心部の繁華街ウエストエンドや金融街シティーまで、それぞれ15分以内で移動できるようになる。

延伸線の工事は、2014年に政府の承認を獲得し、15年に着工。今年7月に試運転を開始していた。この日午前5時28分にバタシーパワーステーション駅を出発した始発列車には、シャップス運輸相やロンドンのカーン市長も乗り込んだ。

同延伸線では今後、ピーク時に1時間当たり6本の列車が運行され、22年半ばまでにはこれが12本に増便される予定。

なお、バタシー発電所跡地の再開発は、マレーシアのコングロマリット(複合企業)と公的年金基金のコンソーシアムが手掛け、17年に完成した第1期の住宅は高い人気を呼んだ。第2、3期にはイベント施設や共有オフィスなどが開設される予定となっている。

新設のバタシーパワーステーション駅(EMB撮影)

新設のバタシーパワーステーション駅(EMB撮影)


関連国・地域: 英国
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロイヤルメール、買収で合意 チェコ富豪が提案=50億ポンド(05/30)

アングロ、豪BHPとの買収協議継続を拒否(05/30)

蓄電池ゼノベ、新たに4.1億ポンド調達(05/30)

金融HSBC、ロシア事業の売却完了(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン