• 印刷する

1月住宅価格、0.6%上昇=ハリファックス

住宅金融大手のハリファックスが6日発表した1月の住宅価格指数(1983年=100、季節調整済み)は520.8ポイントとなり、前月比0.6%上昇した。3カ月ぶりにプラスに転じた格好だが、ハリファックスは今後の需要動向については「ユーロ圏債務危機の展開次第」と指摘している。

ブレの少ない3カ月ベースで見ると、昨年11月~今年1月は前の3カ月から0.9%下落。1年前と比べると1.8%落ち込んでいる。全国平均住宅価格は16万907ポンドだった。

ハリファックスのエコノミスト、マーティン・エリス氏は、「低金利政策が住宅需要を支えている」と分析。今後については、「ユーロ圏債務危機の展開と英国経済に対する影響の度合いによって決まる。英国が長期にわたるリセッション(景気後退)を回避できれば、今年の住宅価格は安定する」と述べている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、27日からコロナ規制緩和 在宅勤務推奨やマスク義務廃止(01/20)

資源リオ、セルビアのリチウム鉱床計画停止(01/20)

インフレ率、12月は5.4%=過去30年で最高(01/20)

生産者物価、12月は9.3%上昇(01/20)

豊田通商、英社に出資でケニア事業参入へ(01/20)

EU、英清算機関の利用可能期間を延長へ(01/20)

英下院、投票時のID提示の義務付けを可決(01/20)

越の質店F88、英社から1千万ドル調達(01/20)

ウクライナ支援、英独の姿勢に温度差(01/19)

英の対アイルランド輸出、離脱後に減少傾向(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン