1月住宅価格、0.6%上昇=ハリファックス

住宅金融大手のハリファックスが6日発表した1月の住宅価格指数(1983年=100、季節調整済み)は520.8ポイントとなり、前月比0.6%上昇した。3カ月ぶりにプラスに転じた格好だが、ハリファックスは今後の需要動向については「ユーロ圏債務危機の展開次第」と指摘している。

ブレの少ない3カ月ベースで見ると、昨年11月~今年1月は前の3カ月から0.9%下落。1年前と比べると1.8%落ち込んでいる。全国平均住宅価格は16万907ポンドだった。

ハリファックスのエコノミスト、マーティン・エリス氏は、「低金利政策が住宅需要を支えている」と分析。今後については、「ユーロ圏債務危機の展開と英国経済に対する影響の度合いによって決まる。英国が長期にわたるリセッション(景気後退)を回避できれば、今年の住宅価格は安定する」と述べている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 経済一般・統計建設・不動産政治

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

ユニリーバ、2.4%減益 ストの影響で中南米落ち込む(07/20)

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

小売売上高、6月は0.5%減少(07/20)

スポーツダイレクト、通期は12%増益(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

レストランのガウチョ、管財人の管理下に(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン