• 印刷する

1月住宅価格、0.6%上昇=ハリファックス

住宅金融大手のハリファックスが6日発表した1月の住宅価格指数(1983年=100、季節調整済み)は520.8ポイントとなり、前月比0.6%上昇した。3カ月ぶりにプラスに転じた格好だが、ハリファックスは今後の需要動向については「ユーロ圏債務危機の展開次第」と指摘している。

ブレの少ない3カ月ベースで見ると、昨年11月~今年1月は前の3カ月から0.9%下落。1年前と比べると1.8%落ち込んでいる。全国平均住宅価格は16万907ポンドだった。

ハリファックスのエコノミスト、マーティン・エリス氏は、「低金利政策が住宅需要を支えている」と分析。今後については、「ユーロ圏債務危機の展開と英国経済に対する影響の度合いによって決まる。英国が長期にわたるリセッション(景気後退)を回避できれば、今年の住宅価格は安定する」と述べている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英下院、国内市場法案を可決 EUは法的措置も辞さない構え(10/01)

GDP、19.8%減に上方修正 落ち込み幅はなお過去最大(10/01)

DHL、EU離脱で英国宛速達に追加料金へ(10/01)

ネーションワイド住宅価格、9月は伸び減速(10/01)

英・オランダ、新規感染者数が過去最多に(10/01)

石油シェル、最大9千人を整理へ(10/01)

ウィリアム・ヒル、身売りで米社と合意(10/01)

住友商事、洋上風力発電事業の開発に参画(10/01)

香港、英国を高感染リスク国に追加(10/01)

英国とノルウェー、漁業権巡り合意(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン