• 印刷する

1月住宅価格、0.6%上昇=ハリファックス

住宅金融大手のハリファックスが6日発表した1月の住宅価格指数(1983年=100、季節調整済み)は520.8ポイントとなり、前月比0.6%上昇した。3カ月ぶりにプラスに転じた格好だが、ハリファックスは今後の需要動向については「ユーロ圏債務危機の展開次第」と指摘している。

ブレの少ない3カ月ベースで見ると、昨年11月~今年1月は前の3カ月から0.9%下落。1年前と比べると1.8%落ち込んでいる。全国平均住宅価格は16万907ポンドだった。

ハリファックスのエコノミスト、マーティン・エリス氏は、「低金利政策が住宅需要を支えている」と分析。今後については、「ユーロ圏債務危機の展開と英国経済に対する影響の度合いによって決まる。英国が長期にわたるリセッション(景気後退)を回避できれば、今年の住宅価格は安定する」と述べている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、打開策求め奔走 EU側の首脳陣と相次ぎ会談(12/12)

ZEW景気期待指数、12月は改善(12/12)

ポーランドの貿易収支、1~10月は赤字転落(12/12)

フォード、欧州事業の再編に着手(12/12)

広告WPP、事業再編=3500人整理(12/12)

BDI、企業に合意なし離脱の備え呼び掛け(12/12)

給食ソデクソ、英学校給食AiPを買収(12/12)

失業率、10月は横ばいの4.1%(12/12)

通信大手、障害時の賠償金自動支払いに合意(12/12)

ウーバー、ロンドンバスの運行データ統合も(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン