若年ニート率、イタリアが26%で欧州首位

欧州で若者のニート率が最も高いのはイタリア――。経済協力開発機構(OECD)がまとめた最新の教育動向に関する報告書で、こうした事実が明らかになった。 それによると、18~24歳の若年層で就労・就学・職業訓練のいずれも行っていない「ニート」の割合は、2020年にイタリア…

関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアギリシャスペインスイスエストニア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エネルギー危機がCOP26に突き付ける課題 <連載コラム・エネルギーTODAY>第55回(10/22)

ナワリヌイ氏、欧州議会の人権賞受賞(10/22)

欧州中銀、銀行業務の域内移管へ指導強化(10/22)

グリーン投資基準、原子力巡る判断先送りへ(10/22)

西バルカンの成長率、5.9%に回復へ=世銀(10/22)

イケアなど9社、海上輸送の脱炭素化に参画(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン