仏テレコム、エジプト携帯最大手をほぼ手中に

通信大手フランステレコムは13日、エジプト最大の携帯電話会社モビニルについて、合弁先である同国のコングロマリット、オラスコム(Orascom)から保有株式の大半を取得することで合意したと発表した。

フランステレコムは、「モビニル」ブランドを展開する事業会社エジプシャン・カンパニー・フォー・モバイル・サービス(ECMS)の株式を1株当たり202.5エジプトポンドで取得する。また、ECMSの浮動株に対しても、株式公開買い付け(TOB)を行うという。

ECMSの持ち株会社モビニルには現在、フランステレコムとオラスコムがそれぞれ71.25%、28.75%を出資。モビニルが51%出資するECMSには、オラスコムも20%を直接出資している。今回の取引で、オラスコムが保有するECMS株の大半がフランステレコムの手に渡るが、オラスコムはECMSの5%株を維持し、現地パートナーとしてECMSの戦略・経営を監督し続けるという。

フランステレコムは2001年にモビニルの71.25%を取得。2009~2010年にもモビニルの完全買収を試みたが、オラスコムの不服申し立てを受け現地裁判所に差し止められ、断念した経緯がある。同社は欧州での減収を補うため新興市場での事業に注力しており、エジプトはその主要部分を占める。


関連国・地域: フランスアフリカ
関連業種: IT・通信金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、5月は横ばい(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

スマホの中国・小米、パリに初店舗オープン(05/25)

ウーバー、パリに「空飛ぶタクシー」研究所(05/25)

自動車部品オートディス、IPO実施を延期(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン