• 印刷する

5大銀行の中小企業向け融資額、目標に未達

中銀のイングランド銀行は13日、国内5大銀行の昨年の中小企業向け融資額が749億ポンドとなり、政府と合意した目標額の760億ポンドを下回ったと発表した。企業向け全体の融資額から返済額を除いた純貸出額も第4四半期(10~12月)に前年同期比3%縮小し、通年では前年に比べて97億ポンド減少している。

ロイズ・バンキング・グループ、バークレイズ、HSBCホールディングス、サンタンデール、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド (RBS)の5行と政府の合意は、プロジェクト・マーリン(Marlin) と呼ばれる。昨年の企業向け融資額は全体では2,149億ポンドに上り、目標額の1,900億ポンドを達成した。

中小企業向け融資額が目標を下回ったことについて銀行側は、厳しい経済状況で資金需要自体が少なかったためと説明している。しかし企業団体などからは、貸出金利が高い上に条件も厳しく企業が借り入れに二の足を踏んでいるとの批判が出ている。

プロジェクト・マーリンは昨年だけの措置で、政府はこれに替えて今年から政府保証を年に最大200億ポンドとする2年間の信用緩和策を導入し、中小企業向けに低金利の融資を提供する計画だ。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、入国時の規制を大幅緩和 ワクチン接種完了者を優遇(09/20)

トラックのボルタ、3700万ユーロ調達(09/20)

UAE、英国に5年間で100億ポンド投資へ(09/20)

小売売上高、8月は0.9%減少(09/20)

ロンドン、バスのゼロ排出化を34年に前倒し(09/20)

アパレルのエイソス、環境保護策を強化(09/20)

ネクスト、英で「ギャップ」ブランド運営へ(09/20)

シェル、ロッテルダムにバイオ燃料施設建設(09/17)

英米豪が安全保障で新枠組み 豪へ原潜技術提供、中国念頭に(09/17)

ジョンソン政権、内閣改造後の顔ぶれ確定(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン