• 印刷する

シーメンス、中国の医療技術事業で700人雇用

総合電機大手シーメンスは今年、ヘルスケア部門の事業拡大に向け中国で700人を新たに採用する方針だ。同部門のヘルマン・レクワルト最高経営責任者(CEO)の話として、ダウジョーンズ・ドイツが14日報じた。

ヘルスケア部門では、中国とブラジルを中心とした新興国の売上高が全体に占める割合が20%を超えている。最大市場の米国での受注が後退する一方で、中国での受注高は2008年以降で27%拡大。こうした成長を支えるため、中国で雇用を拡大すると共に、中間価格帯の医療器機の拡充を図る方針だ。

ヘルスケア部門は、景気減速や欧州各国の保健医療分野でのコスト削減が逆風となり低迷が続いている。現在、事業再編が進められており、今年はこれに絡み約2億ユーロのコストを計上する見込み。


関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 電機医療・医薬品その他製造雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英国の離脱案「機能しない」 10月の進展が焦点=EU首脳会議(09/21)

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

サンタンデールUK、一部資産を本体に移管(09/21)

実質賃金、第2四半期は0.5%上昇(09/21)

アストンマーティン、IPOの仮条件設定(09/21)

起業支援ロケット、上半期は黒字化達成(09/21)

アウディ、初の市販EV披露=30分で充電(09/21)

ポルシェなど、ARディスプレー企業に出資(09/21)

VW、次世代EVプラットフォームを初公開(09/21)

ドイツ、EV普及百万台は2022年に遅延も(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン