• 印刷する

パナソニック、欧州でスマートフォン販売へ

パナソニックモバイルコミュニケーションズは21日、4月から欧州市場にスマートフォン「ELUGA(エルーガ)」を投入すると発表した。年内に世界全体で150万台の販売を目指す。

ELUGAは米インターネット検索エンジン大手グーグルのOS(基本ソフト)「アンドロイド」を搭載。防水加工を施した約7.8ミリの薄型携帯で、決済サービスに必要な近距離無線通信技術(NFC)にも対応している。来週27日からバルセロナで開催される世界最大規模の携帯通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス2012」にも出品するという。

パナソニックは2006年に欧州の携帯電話機市場から撤退し、日本国内に注力していた。今回、欧州市場に再参入するに当たり、2015年度には海外市場での販売台数900万台を目指すことを明らかにした。国内メーカーでは富士通がスマートフォンやタブレット端末で欧州への参入を計画し、向こう3~5年で2けた台のシェア獲得を狙っていると報じられている。[日本企業の動向]


関連国・地域: EUスペインアジア
関連業種: 電機その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ、EUの入国規制の緩和要請を拒否(03/08)

EU、次世代半導体を生産へ 30年までに世界シェア2割=草案(03/08)

ハンガリー、2025年に石炭火発から脱却へ(03/08)

【今週の主な予定】3月8~12日(03/08)

スペイン、EV電池工場建設に向け官民連携(03/08)

EU、米アップルに競争法違反で初の罰金も(03/08)

EU、ロシア製ワクチンの逐次審査を開始(03/08)

米、ドイツなどのアルミ板に追加関税(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン