• 印刷する

パナソニック、欧州でスマートフォン販売へ

パナソニックモバイルコミュニケーションズは21日、4月から欧州市場にスマートフォン「ELUGA(エルーガ)」を投入すると発表した。年内に世界全体で150万台の販売を目指す。

ELUGAは米インターネット検索エンジン大手グーグルのOS(基本ソフト)「アンドロイド」を搭載。防水加工を施した約7.8ミリの薄型携帯で、決済サービスに必要な近距離無線通信技術(NFC)にも対応している。来週27日からバルセロナで開催される世界最大規模の携帯通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス2012」にも出品するという。

パナソニックは2006年に欧州の携帯電話機市場から撤退し、日本国内に注力していた。今回、欧州市場に再参入するに当たり、2015年度には海外市場での販売台数900万台を目指すことを明らかにした。国内メーカーでは富士通がスマートフォンやタブレット端末で欧州への参入を計画し、向こう3~5年で2けた台のシェア獲得を狙っていると報じられている。[日本企業の動向]


関連国・地域: EUスペインアジア
関連業種: 電機その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

ルーマニアGDP、第3四半期は4.3%増加(11/16)

<欧州経済の潮流を読む>第8回 イタリアのEU財政ルールへの挑戦の行方(11/16)

ラトビアの新保守党、組閣を断念(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

欧州議会、商用車の排出35%削減案を可決(11/16)

EU、域内通話・SMS料金の上限設定(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン