• 印刷する

欧州の平均気温、今夏は過去最高を記録

欧州の2021年夏の平均気温は、1991年から2020年までの30年間の平均気温と比較して約1度高く、過去最高を記録した。欧州各地では今年も豪雨や熱波といった異常気象が多発し、科学者は地球温暖化が異常気象を引き起こしたと警鐘を鳴らしている。欧州連合(EU)のコペルニクス気候変動サービス(C3S)が7日に公表した最新のデータで明らかになった。

それによると、今年6~8月の欧州の平均気温は、10年と18年に観測した最高記録を0.1度上回った。今年8月の平均気温は過去20年の平均と同水準だったが、地中海沿岸諸国で過去最高気温を更新し、東欧で平均気温を上回った一方、北欧は平均を下回っており、今夏は地域によって偏りが出た。

欧州では今夏、ドイツやベルギーを中心に発生した記録的豪雨による大規模な洪水で、240人超が死亡した。ギリシャやイタリア、トルコ、スペインなどでは、熱波による森林火災が多発するなど、相次ぐ異常気象に見舞われた。

ドイチェ・ウェレによると、フランスとスペイン国境にあるピレネー山脈の氷河は、気候変動の影響により、向こう数十年で大きく縮小すると予想されている。[環境ニュース]


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州自動車大手、中国対抗には「時間必要」(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

緑の党、欧州議会選で苦戦必至=政策に影響(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

G7、露凍結資産の活用など協議=財相会合(05/24)

EU、ベラルーシ経由の制裁回避阻止へ(05/24)

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

EU、露凍結資産でのウクライナ支援を採択(05/23)

欧州3カ国、パレスチナ国家承認(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン