日産、英製「ジューク」など25万台をリコール

日産自動車は23日、エンジンに取り付けられている燃料センサーの締め付けが不充分として、小型スポーツ多目的車(SUV)「ジューク」、ミニバン「セレナ」、スズキにOEM(相手先ブランドによる生産)供給している「ランディ」の3車種について、日本の国土交通省にリコールを届け出た。

対象となるのは全世界で25万台で、英サンダーランド工場で生産された「ジューク」も含む。日産は、振動で燃料が漏れ出す可能性があると説明。これまでに6件の不具合が報告されているものの、事故につながったケースはないという。[日本企業の動向]


関連国・地域: 英国EUアジア
関連業種: 自動車・二輪車製造一般政治

その他記事

すべての文頭を開く

野党・社会民主党、 新党首にハマチェク氏(02/20)

ラトビア中銀総裁、賄賂受領の疑いで捜査(02/20)

JPモルガン、ワルシャワ拠点の雇用開始(02/20)

蘭政府、英のEU離脱で税関職員を大幅増員(02/20)

欧州鉄鋼協会が米国に懸念 商務省が輸入規制の導入提言(02/20)

ユーロ圏建設業生産、12月は0.1%増加(02/20)

オルバン首相、総選挙前に反移民色強める(02/20)

独経済は年初から極めて好調=連銀月報(02/20)

【欧州環境トピックス】第176回:1月22日~2月4日(1)(02/20)

【欧州環境トピックス】第176回:1月22日~2月4日(2)(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン