• 印刷する

ドイツテレコムの株式取得 ソフトバンク、4.5%保有の大株主に

ソフトバンク・グループは7日、通信大手ドイツテレコムの株式4.5%を取得することで合意したと発表した。取引は、ソフトバンクが保有するドイツテレコム傘下の米携帯電話TモバイルUSの株式との交換で行う。これにより、ソフトバンクはドイツテレコムの民間で第2位株主となる。

ドイツテレコムは新たに2億2,500万株を発行し、これと引き換えにソフトバンクからTモバイルUSの株式約4,500万株を取得する。これに加えてドイツテレコムは、TモバイルUSの約2,000万株をソフトバンクから24億ドルで追加取得する予定。ドイツテレコムは昨年にソフトバンクと結んだ株主協定により、同社の保有するTモバイルの株式約8%を購入するオプションを保有していた。

追加取得後のドイツテレコムのTモバイルUSへの出資比率は48.4%。ドイツテレコムはかねて出資比率を50%以上に引き上げることを目指しており、これに近づくことになる。一方、ソフトバンクのTモバイルUSへの出資比率は3.3%まで低下する。

ドイツテレコムはこの日、オランダ子会社Tモバイル・ネザーランズ(NL)をプライベートエクイティ(PE)企業の英エイパックス(Apax)・パートナーズと米ウォーバーグ・ピンカスのコンソーシアムに51億ユーロで売却したと発表。この売却益の一部をTモバイルUS株の追加取得に充てる。TモバイルNLはオランダの携帯電話サービスで3位にとどまっており、ドイツテレコムは中核的資産とは考えていなかった。[日本企業の動向]


関連国・地域: 英国ドイツアジア米国
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

高技能労働者年40万人誘致へ 独政府、人材不足解消で(01/24)

メルセデス、米センサー技術ルミナーと提携(01/24)

BMW、ネット不要のEV充電会社に出資(01/24)

中国ドローン企業、ドイツにR&D拠点(01/24)

独製薬スタダ、ルーマニアで生産施設を建設(01/21)

ティッセン、イスラエルから潜水艦受注(01/21)

生産者物価、12月は24.2%上昇=過去最大(01/21)

ワイヤーカード問題、当局への賠償請求却下(01/21)

ローゼンバーガー、中国に生産拠点設置へ(01/21)

米カーライル、欧州最大のファンド設立へ(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン