パナソニック、太陽光発電で欧米進出へ

パナソニックは太陽光発電関連事業で欧米に進出するため、複数の現地企業と買収交渉を進めている。長栄周作専務役員の話として、ブルームバーグが23日伝えた。

買収規模は100億円を超える可能性もあるという。パナソニックは主力のテレビ事業の不振などから2012年3月期には7,800億円という記録的な純損失を予想。そうした中、太陽光発電システムと蓄電池などを含めた電力管理システム事業で、欧米の企業顧客の開拓を狙う。進出先としては世界最大の太陽光発電市場であるドイツのほか、イタリア、スペインなどを有望視している。

同社は日本国内ではシャープ、京セラに次ぐ3位のソーラーパネル・メーカー。太陽光発電システムを組み込んだ住宅の建設・販売も行っている。欧米ではこれを応用して新たなビジネスモデルを考え、ショッピングセンターやスーパーなどの商業施設に適用したいとしている。[日本企業の動向][環境ニュース]


関連国・地域: ドイツEUイタリアスペインアジア
関連業種: 経済一般・統計電機食品・飲料製造一般電力・ガス・水道金融・保険商業・サービス建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、金融支援脱却後の成長計画を発表(05/25)

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第3回 進むユーロ安の背景(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

【ウイークリー統計】第8回 老年人口指数と若年層の実家暮らし(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン