• 印刷する

シェル、英全土にEV充電設備 地元自治体に設置資金も提供へ

英国・オランダ資本の石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルは1日、2025年末までに英国全土の路上5万カ所に電気自動車(EV)充電ポイントを設置する目標を発表した。ドライバー数百万人にEV充電へのアクセスを提供するとともに、地元自治体の充電網整備を支援する狙いもある。

設置は、シェルが2月に買収したEV充電設備を手掛けるドイツのユビトリシティー(Ubitricity)を通じて行う。同社は既に英国で3,600カ所以上に充電設備を導入している。

英政府は50年までに炭素排出量を実質ゼロ化する目標を掲げ、この一環としてEV普及を後押ししており、シェルの今回の計画はこれに沿ったものになる。政府は自治体が路上充電設備を設置する場合、コストの75%を補助し、残りの25%を地元自治体が負担する制度を導入しているが、この負担が足かせとなり整備は進んでいない。

シェルはユビトリシティーの充電設備導入に当たり、一定の条件で地元自治体に資金援助を行うとしている。

政府の独立諮問機関である気候変動委員会(CCC)は先に、25年までに英国内で15万カ所の公共充電ポイントが必要になると提言しており、シェルの今回の計画はこの3分の1に当たる。

同社は現在、世界で6万カ所以上に充電ポイントを設置しており、25年までに約50万カ所に引き上げる目標を掲げている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国オランダ
関連業種: 自動車・二輪車天然資源電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

英領北アの通関簡素化案公表 EU、欧州司法裁の管轄権触れず(10/15)

C・スイス、損失受けた顧客の手数料を免除(10/15)

英港湾の混雑問題、クリスマス商戦に影響か(10/15)

英国の迅速検査、当初予想よりも精度高く(10/15)

独アルディ、英で最も人気のスーパーに選出(10/15)

英の「最果てパブ」、住民が購入金集め達成(10/15)

EU、通関検査の大半撤廃も 英領北アに関する離脱協定見直し(10/14)

バークレイズ、グラスゴーに新キャンパス(10/14)

鉱工業生産、8月は0.8%増加(10/14)

貿易収支、8月は赤字がわずかに拡大(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン